先進的な自治体の環境施策や個性溢れる取り組みを紹介します。

持続可能な社会は地域から。自治体はその重要な役割を果たします。 「環境自治体ベスト・プラクティス」は地域の個性を大切にしつつも、地域がめざすべき共通の「ビジョン」や「ノウハウ」を提供し、そのネットワークを広げます。

環境首都創造NGO全国ネットワーク新着情報

  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)

過去のお知らせを見る

事例のランダム表示

標高1,000mのエネルギー自立都市

自治体名:檮原町風、森、水、光など、自然エネルギーを活かした低炭素なまちづくりの実現をめざす檮原町。2050年には温室効果ガス排出量70%削減、吸収量の4.3倍増と、地域資源利用によりエネルギー自給率100%超をめざして邁進している先進的なまちである。
「市民とともに育む環境首都」をめざした総合計画策定

自治体名:安城市公募による市民と若手の市職員が総合計画策定委員会の中心となり、様々な機会を通じて市民意見をまとめた提言により、第7次総合計画を策定した。

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所