先進的な自治体の環境施策や個性溢れる取り組みを紹介します。

持続可能な社会は地域から。自治体はその重要な役割を果たします。 「環境自治体ベスト・プラクティス」は地域の個性を大切にしつつも、地域がめざすべき共通の「ビジョン」や「ノウハウ」を提供し、そのネットワークを広げます。

環境首都創造NGO全国ネットワーク新着情報

過去のお知らせを見る

事例のランダム表示

空き家を活用して地域活性化推進の拠点づくりへ!~宝塚市空き家住宅情報バンク~

自治体名:宝塚市市民等活動団体や若者世代を対象とした市内空き家へのマッチング。 空き家の増加、高齢化、地域コミュニティの活性化、市民等団体の活動拠点不足など、多くの問題の解決が期待できる取り組み。
子どもの年代別成長実態に沿ってつくられたESD(持続発展教育)の視点を重視した環境教育

自治体名:板橋区(1)発達段階に沿って作られた保幼小中の11年間に亘る「環境教育カリキュラム」作成 (2)板橋区立エコポリスセンターが「環境教育プログラム」を作成管理 (3)板橋区立エコポリスセンターで「環境教育プログラム」を実施する人材を養成 (4)これらを組み合わせて、子ども達の主体的に身に付く環境学習となる取組にする工夫をしている。

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所