先進的な自治体の環境施策や個性溢れる取り組みを紹介します。

持続可能な社会は地域から。自治体はその重要な役割を果たします。 「環境自治体ベスト・プラクティス」は地域の個性を大切にしつつも、地域がめざすべき共通の「ビジョン」や「ノウハウ」を提供し、そのネットワークを広げます。

環境首都創造NGO全国ネットワーク新着情報

  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)

過去のお知らせを見る

事例のランダム表示

人にも環境にもやさしいノンステップバスの導入と、高齢社会に対応した乗務員の介助士資格取得

自治体名:尼崎市10年間で我が国初のノンステップバス導入率100%を達成。さらに、乗務員のサービス介助士資格取得によりソフト面でも徹底的に人にやさしいバスをめざす。アイドリングストップ機能を備えた車両、バス停の標柱はソーラーパネルで充電し夜間照明を行うバス停の標柱など、環境負荷低減効果も高めている。
子どもの感性を育む地域住民参加の学校づくり

自治体名:多治見市多治見中学校の建設では地域住民参加の学校づくりを行い、雨水利用と施設緑化をはじめとした様々なアイデアを取り入れ、地域に開かれた学校となっている。

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所