先進的な自治体の環境施策や個性溢れる取り組みを紹介します。

持続可能な社会は地域から。自治体はその重要な役割を果たします。 「環境自治体ベスト・プラクティス」は地域の個性を大切にしつつも、地域がめざすべき共通の「ビジョン」や「ノウハウ」を提供し、そのネットワークを広げます。

環境首都創造NGO全国ネットワーク新着情報

  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)

過去のお知らせを見る

事例のランダム表示

120mの聖域(標高120m以上の場所で行なわれる大規模な行為への制限)

自治体名:多治見市標高120m以上の場所で行なわれる行為を「風景に特別大きな影響を及ぼす恐れのある行為」とし、緑化及び色彩などの規制を強化している。
「スウィーツのまちづくり」 〜スウィーツが人と人をつなぎ、地域をつないだ〜

自治体名:水俣市水俣にはよそに負けないおいしいスウィーツもある。市職員有志と菓子店などがつながりあい始まった「スウィーツのまちづくり」。新たな経済効果と地産地消の流れを地域に生み出した。

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所