先進的な自治体の環境施策や個性溢れる取り組みを紹介します。

持続可能な社会は地域から。自治体はその重要な役割を果たします。 「環境自治体ベスト・プラクティス」は地域の個性を大切にしつつも、地域がめざすべき共通の「ビジョン」や「ノウハウ」を提供し、そのネットワークを広げます。

環境首都創造NGO全国ネットワーク新着情報

  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)
  • (1970年01月01日)

過去のお知らせを見る

事例のランダム表示

地元の商品がこってコテ(たくさん)に集まった市場「こってコテいけだ」

自治体名:池田町(1)町民への地元産生鮮食品の購入の場の提供 (2)地産地消の促進と観光振興 (3)新たな雇用機会の創出
自然エネルギーと地域の経済循環で新しい公共の実現をめざし年々進化・進化を続ける「おひさま0円システム」

自治体名:飯田市日本初の一般住宅を対象とした初期投資0円での太陽光発電普及政策で、金融機関、地域のエネルギー事業者、行政が協働した取り組み。社会状況やプロジェクトの成果、課題を詳細に分析し、さらに高い社会インパクトを出せるプロジェクト創出が可能になるよう、年々仕組みを進化・深化させている。

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所