コシヒカリ

コシヒカリは、日本イネの品種名および銘柄名日本国内における米の品種名表示で「越光」と表記した場合にはJAS法違反となる。中国への輸出などで、漢字(中国語)で表す場合は「越光」と書くことが多いが、「越光」は中国国内で商標が取得されているため、輸出コシヒカリには事実上「越光」は使用できない。。科学的にも種苗法上でも4 コシヒカリBLの品種名に係る法律上の規定(新潟県)コシヒカリとは異なる品種であるコシヒカリBLも「コシヒカリ」との銘柄で販売されている。

概要

コシヒカリという品種は1つであるが、コシヒカリという銘柄(消費者が買う段階の商品名)にはコシヒカリ(品種)と多数の品種を含むコシヒカリBLという品種群が含まれる。現在、「新潟県産コシヒカリ」という銘柄は、9割以上がコシヒカリBLという品種群であり農業を支える基盤リソース-遺伝資源-農林水産省 農林水産研究開発レポート)、コシヒカリ(品種)とは異なる。

コシヒカリ(品種)は、昭和から平成にかけて、福島県新潟県以南の日本各地で栽培される品種である農業・食品産業技術総合研究機構 - 2005年(平成17年)「コシヒカリ(越南17号)」の都道府県別作付面積1956年(昭和31年)、水稲農林100号「コシヒカリ」として命名登録された 品種情報:越南17号 コシヒカリ(イネ品種・特性データベース)1979年(昭和54年)から作付面積1位を続け、2005年には作付比率38%であった統計資料では、直近のデータである2005年(平成17年)まで作付面積1位を続けている。コシヒカリの作付面積

の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持つ来歴・特性概要・奨励品種採用の理由
また、新潟県魚沼地域がコシヒカリBLの一大産地として広く知られており、超高級ブランド米の格付けをされ全国に出荷される。
さらに近年では海外での日本食ブームもあり、アメリカ カリフォルニアでもコシヒカリの栽培が行われている。

コシヒカリと 言う名前の由来は、
北陸地方の国々を指す「越の国」と「光」の字から「越の国に光かがやく」ことを願って付けられた名前であると言われている。

育成経過

公式来歴は、来歴を参照のこと。

1944年(昭和19年)に、新潟県農業試験場の高橋浩之により「農林22号」と「農林1号」との交配が行われたが、この雑種戦時下の状況悪化のため翌年の栽培は見送られた。

1946年(昭和21年)、戦争終了後、育種事業が再開され、前述の雑種(雑種第一代)の栽培が行なわれた。この年の11月に高橋は転出したため、この交配組合せの育成は、仮谷桂と池隆肆に引き継がれた。1947年(昭和22年)には、雑代第二代の栽培と選抜が行なわれた。選ばれた雑種第三代の種子の一部(20粒とも伝えられる)は、福井農事改良実験所(現:福井県農業試験場)に送られ、福井県で育成が行なわれることとなった。福井県での担当者は、石墨慶一郎と岡田正憲である。

福井県での1948年(昭和23年)から1952年(昭和27年)までの育種の結果、有望な2系統が育成され、「越南14号」「越南17号」の系統名が与えられた(越南14号は後に、農林91号として登録され「ホウネンワセ」の品種名がついた)。1953年(昭和28年)から「越南17号」について、20府県での適応性試験が行なわれた。結果は茎が弱く倒れやすい、穂首いもちに弱い、未熟粒(青米)が多い、収量も多くないなど、否定的な結果が多いものであった。

育成地の福井県でも、奨励品種採用が見送られたほどの成績であったが、越南17号を救ったのは、採用県の新潟県とそれに賛同した千葉県であった。1955年(昭和30年)に越南17号は、新潟県・千葉県の奨励品種となる。新潟県が奨励品種としたのは、当時の主要品種である農林21号よりも葉いもち耐性が優れ、収量が安定しており、米質も農林21号同様非常に優れていたためである。また、農家が肥料を与えすぎる傾向があり、そのため草丈が伸びてイネが倒れてしまいやすい事から、あえて多肥栽培に向かない、作りにくい品種を選びそれを解決しようとしたためとも言われている。

一方で有機農法を推進する立場からは、多肥栽培に向かない=有機肥料に向かない、病虫害に弱い=農薬の大量散布が必要、という観点から、批判的な意見もある。

新潟・千葉の2県での奨励品種決定を受けて、福井県では越南17号の命名登録を行なうことになった。福井県側から、新潟県側に命名の依頼が行なわれた。新潟県は、両県がかつて含まれていた「越国」(こしのくに)に因み、「越の国に光輝く米」と言う願いを込めて「コシヒカリ」と命名した。コシヒカリは、1956年(昭和31年)に農林登録され、農林品種としては農林100号の番号がついた。後に、育成者の代表として石墨は、日本育種学会賞や農林大臣賞を受賞している。

Category:イネの品種

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所