潅木

低木(ていぼく、英:shrub)は、一定の高さ(3mないし2m)以下の木本植物高木(こうぼく)の対義語。

生態

環境省「かおりの樹木データ一覧表」では、概ね5m以上を高木、概ね5mから2mを中木、概ね2m以下を低木としている

国際木材解剖学者連合(IAWA)「広葉樹材の識別」では、高木、低木、つる(性)植物に分け、低木を「通常数本の樹幹をもつ多年生木本植物で、通常成木でも高さ3m以下」のものと定義する。ただし、高木、低木、つる(性)植物の分類のそれぞれの定義に重複する植物種もありうるとしている

なお、生長しても樹高が約3m以下ののことを灌木潅木(かんぼく)という。フヨウのように多年生で生育時にはが木質化するが、生育に適さない時期には地上部がほとんどなくなってしまう植物や、マオウのように多年生で根本に近い部分は木質化するが、先の部分が木質化していない植物のことを、亜灌木(あかんぼく、英: subshrub)という。

植栽

緑化計画などでは、樹木は高木、中木、低木に分けられる。中木を通常の成木の高さが3m以上、植栽時に高さが1.5m以上と定義する場合、低木はそれよりも低く「高木、中木以外の樹木であり、植栽時に樹高0.3m以上であり、枝張りが0.6m以上であるもの」のように定義される。なお、低木には竹類を含む

脚注

関連項目

外部リンク

CATEGORY:木

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所