ヤギ

|省略=哺乳綱
|目= 鯨偶蹄目
|科= ウシ科
|亜科= ヤギ亜科
|族= ヤギ族
|属= ヤギ属
|学名=Capra
|和名=ヤギ
}}

迷信

文学・芸術作品の中のヤギ

ヤギは本当に紙を食べるか

ヤギはを食べる動物としても知られている。与えられれば割と積極的に食べる場合が多い。しかし、現実には、現代の紙を食べさせると消化できず、腸閉塞などを起こす可能性があり、危険である。

昔は紙の多くが植物のみでできていたので、ヤギが食べる(消化する)ことができた。このため、大事な書類や手紙などをヤギに食べられてしまうというエピソードが、童話童謡などに登場する。

紙の主成分は、植物の細胞壁植物繊維を構成するセルロースという繊維質である。セルロースを分解するのは、セルラーゼという分解酵素であり、この酵素はセルロースをオリゴ糖に分解する。セルラーゼを自前で分泌できる高等生物は存在しないが、草食哺乳類は、セルラーゼを分泌する共生微生物を胃腸内にもつことで、これを栄養源として利用することを可能にしている。他のすべての反芻動物と同様、ヤギの場合も、複数ある胃のうちの第一胃(ルーメン)に、このような微生物が蓄えられており、ここでセルロースの分解が行われる。つまり、原則としては、ヤギは紙を摂取して消化し、エネルギーを獲得することができるということになる(なお、ヒツジなどヤギ以外の草食動物は、紙を与えられても、嗜好として通常はほとんど食べることはないが、ヤギと同様にセルロースを消化する能力はある)。

しかし、洋紙をはじめとする現代の紙は、昔の紙とは成分が異なり、類に属しない炭酸カルシウムポリアクリルアミドなどの成分も多いので、ヤギが消化することができない。また、ティッシュ・ペーパーが水に溶けないようにする湿潤紙力剤、新聞紙など印刷物のインクや機械油など、その用途にこたえるためのさまざまな薬品・填料・顔料が、表面に塗布されたり、混ぜ込まれたりしている。そのような物質は、ヤギの消化器官でも消化することができない。はっきりと有害なものもあるし、そうでなくても、体外へ排出されることなく蓄積され、腸閉塞を起こしてしまうこともある。ひどい場合には、死に至ることさえあるという。

例外的に、コウゾミツマタなどの植物だけを原料とする、伝統的な和紙であれば、ヤギが食べても特に問題はないと思われる。しかし、現代の日常場面で、このような和紙が登場することはまれで、和紙に似せた風合いの合成繊維の紙さえあるため、やはり紙を与えるのは避けるべきである。

また、パンなどの人間用加工食品、穀物マメ科牧草などのいわゆる嗜好性の高い食物を大量に与えると、容易に分解されるため反芻胃で異常発酵を起こし最悪の場合は死に至る。これはヤギだけでなく反芻動物では一般的に言えることである。どの程度が大量かは種や飼育条件や飲料水の質・量などによるが、粗剛な飼料に適応しているヤギでは閾値が低く、飼育に当たり注意すべき点となっている。

関連項目

脚注

外部リンク

Category:奄美群島の食文化

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所