美山町

美山町(みやまちょう)は、2005年12月31日まで京都府のほぼ中央に存在した北桑田郡に属していた。

豊かな緑と、きよらかな水の流れを持つ自然美豊かな農山村地域である。人口5,070人(2003年)。

町面積は、340.47平方キロメートルで、京都府内の町村で一番大きい。三国岳、頭巾山、長老山など、800 - 900メートル級の連山に囲まれ、その山あいを縫うように、由良川の源流が町の中央部を流れている。

川に沿って建てられた民家のうちおよそ250棟は、昔ながらの茅葺き民家で、特に北集落は茅葺き民家が多く残っており、自然景観と、茅葺き民家が調和して、日本の農村の原風景とも言うべき風情を呈している。この集落は国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

2006年1月1日に周辺4町が合併して南丹市となり、地方公共団体としての美山町は歴史の幕を閉じた。現在は南丹市の行政区の地名として残されている。

地理

隣接する自治体・行政区

歴史

交通

鉄道

町内に鉄道路線はない。

鉄道敷設法により、小浜線小浜駅山陰本線殿田駅(現日吉駅)を結ぶ小鶴線が計画され町内を通る予定だったが、未開業に終わった。なお、小鶴線の「鶴」は本町を構成していた旧鶴ヶ岡村に因んでいる。

鉄道駅から路線バスへの連絡は、以下の2通りの経路がある。

主な道路

地域

教育

出身著名人

在住の有名人

その他

  • 水の郷百選:清流・茅葺き民家 歴史的景観を有する町

関連項目

外部リンク

Category:北桑田郡

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所