ネオンサイン

ネオンサイン(neon sign)とはネオン管などを使用した看板広告などであり、単にネオンともいう。

主に、都市部の人通りや交通量の多い大規模駅周辺や幹線道路沿いのビルの屋上や外壁に設置される。

歴史

ネオン電球はフランスの化学者ジョルジュ・クロードが、空気を液化する産業用システムを構築した際に、廃棄物として生成されるネオンの用途を模索する中で発明されたスティーブン・ジョンソン『世界をつくった6つの革命の物語:新・人類進化史』 大田直子訳 朝日新聞出版 2016年、ISBN 978-4-02-331530-3 pp.286-293.。クロードは、ネオンの他にもアルゴン水銀などの希ガスに電気を通すと白熱電球よりも5倍以上明るく、様々な色に発光することを発見し、特許を取得して1915年に電飾のフランチャイズ企業「クロードネオン社」を設立した)。
1912年パリ万国博覧会で公開されたのが最初(ただの理容店だったとの説あり)とされる。
クロードはネオン電球の効果を公開するため、ディスプレイ装置をグラン・パレの前に設置し、多くの需要を得てヨーロッパやアメリカにビジネスを展開した

1920年代のアメリカのユタ州で看板業を営んでいたトマス・ヤングは、希ガスを封入したガラス管で文字を書くことを思いつき、クロードネオン社の許諾を得てネオン管のベンチャー企業ヤング・エレクトリック・サイン・カンパニー(YESCO)を設立した。YESCOは、当時は無名な田舎町に過ぎなかったラスベガスの大半のネオンサインをデザインし、世界中の都市景観に影響を与えた

日本国内での最初の設置は谷沢カバン店(東京都中央区銀座/現タニザワビル“銀座タニザワ”本店・1918年?)、白木屋大阪支店(大阪市中央区備後町/現第二野村ビルディング1925年?)、日比谷公園(東京都千代田区1926年?)と諸説ある。近年はLED照明など新しい光源も登場し急速に普及しているが、色の鮮やかさ形状の自由さなどの利点からネオンサインはなお健在である。

概要

両端の電極に加えられる6000 - 15000Vの高電圧により発光する。

蛍光灯のような点灯開始時のちらつきがない特性を利用し、文字や模様の点滅で演出がなされることもある。

用途

ネオンサインを使った看板広告企業業種に限らず広く見られるが、とりわけ夜の歓楽街パチンコ店で使われることが多い。

特に、歓楽街の代名詞として、ネオン街という言葉が存在する。

また、屋外の看板や広告以外では、小型のものが室内のインテリアとして使われる。

ネオンサインのイメージ


Image:NeTube.jpg|ネオンガス。希ガスのうち最もよく使用されるものである
Image:ArTube.jpg|アルゴン(と水銀)。ネオンの次によく使用される
Image:HeTube.jpg|ヘリウム
Image:KrTube.jpg|クリプトン
Image:XeTube.jpg|キセノン

Image:Medical-marijuana-sign.jpg
Image:Neon Sign Sushi.jpg
Image:Neon light.jpg
ファイル:Kitashinchi Osaka01-r.jpg
Image:Music 01754.jpg
Image:HK Wan Chai Lockhard Road Capital Bldg nite Hotel Beverly.JPG

ネオンサインが多い都市・地区

都市
* ロンドンイギリス
* 香港中国
* 上海市(中国)
* 東京日本
* 大阪市日本
* 福岡市日本
地区
* タイムズスクエアアメリカ合衆国 ニューヨーク
* ブロードウェイ (アメリカ合衆国 ニューヨーク)
* すすきの日本 札幌市
* 歌舞伎町(日本 新宿区
* 道頓堀(日本 大阪市
* 中洲 (日本 福岡市)


Image:Blowfish and Tsutenkaku by king nikochan in Shinsekai, Osaka.jpg|新世界

脚注

外部リンク

Category:ネオン

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所