秋田杉

天然秋田杉(てんねんあきたすぎ)とは、秋田県の天然のである。木曽のひのき、青森のひばとと並ぶ、日本三大美林のひとつ。樹齢は200 - 250年である天然秋田杉について:初級 - 秋田県

概要

天然秋田杉は、秋田杉(人工林杉)のように間伐などの作業を行って育てたものではないので、成長はゆるやかであるが、年輪の幅が狭いため強度に優れている天然秋田杉について:上級 - 秋田県。この特性を利用し、大館市伝統工芸品大館曲げわっぱは、江戸時代より原材料として使っている大館曲げわっぱとは - 大館曲げわっぱ協同組合

仁別森林博物館では天然秋田杉が展示されている仁別森林博物館 - 東北森林管理局江戸時代に佐竹藩は、の重要な財源として、秋田すぎの保護と育成に努めた。秋田すぎは年輪のはばかがそろっていて、木目が細かく美しい特徴がある。また、伸縮が少ないため、くるいが小さく、耐久性もあると云う優れた性質を持っている。このため秋田杉は建築材料や家具の材料など、幅広く利用されている。『21世紀都道府県別日本の産業』9巻の37頁

群生地

ほか

脚注

関連項目

外部リンク

Category:上小阿仁村

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所