えちぜん鉄道

|郵便番号 = 918-0000
|本社所在地 = 福井県福井市松本上町15-3-1
| 本社緯度度 = 36|本社緯度分 = 4|本社緯度秒 = 23.1|本社N(北緯)及びS(南緯) = N
| 本社経度度 = 136|本社経度分 = 14|本社経度秒 = 1.4|本社E(東経)及びW(西経) = E
| 本社地図国コード = JP-18
|業種 = 5050
|事業内容 = 旅客鉄道事業 他
|代表者 = 代表取締役社長 豊北景一
|資本金 = 4億9700万円
(2019年3月31日現在)第17期決算公告、2019年(令和元年)6月21日付「官報」(号外第45号)62頁。
|発行済株式総数 = 10,740株
|売上高 = 8億2600万円(2016年3月期) 東京商工リサーチ調べ「全国第三セクター鉄道会社 業況一覧」 「東洋経済オンライン」2016年11月4日 
|営業利益 =
|経常利益 =
|純利益 = 300万円(2019年3月期)
|純資産 = 5億4000万円
(2019年3月31日現在)株主資本合計額
|総資産 = 60億7500万円
(2019年3月31日現在)
|従業員数 =
|決算期 = 3月31日
|主要株主 = 沿線5市町
 坂井市 17.4%
 勝山市 16.7%
 福井市 16.1%
 永平寺町 12.6%
 あわら市 7.0%
他 一般株主42名 30.2%
|主要子会社 =
|関係する人物 =
|外部リンク = http://www.echizen-tetudo.co.jp/
|特記事項 =
}}
えちぜん鉄道株式会社(えちぜんてつどう)は、福井県福井市に本社を置き、福井市から勝山市坂井市を結ぶ鉄道路線を運営する、福井市・勝山市などが出資する第三セクター方式の鉄道事業者である。

かつて、京福電気鉄道が福井県下で運営していた越前本線(現:勝山永平寺線)および三国芦原線を引き継いで運営するために設立された。

歴史

1992年、京福電気鉄道が越前本線の東古市駅(現:永平寺口駅) - 勝山駅間と永平寺線の廃止・バス転換を表明。これに対し1997年、福井県と沿線市町村が越前本線および永平寺線存続のために京福越前線活性化協議会を設立し、行政支援や利用促進策を講じることになった。

そんな中、2000年12月17日に越前本線志比堺駅 - 東古市駅間で、2001年6月24日に越前本線保田駅 - 発坂駅間で、半年間に2度も電車同士の列車衝突事故(「京福電気鉄道越前本線列車衝突事故」を参照)を起こし、全線で列車運行を停止した。そのため収支悪化により福井鉄道部の事業継続が困難になったとして同年10月19日に廃止届を国土交通省に提出した

福井県は越前本線・三国芦原線を地域の足として第三セクター方式で存続させることを決め、2002年えちぜん鉄道を設立新会社の名称として、沿線を流れる九頭竜川にちなんだ「くずりゅう鉄道」という案もあったが、略称が「くず鉄」となるため却下された。し、国土交通大臣より2003年1月17日付けで京福電気鉄道の越前本線・三国芦原線に関する鉄道事業を譲り受ける認可を受け、同年2月1日に開業した京福電気鉄道株式会社及びえちぜん鉄道株式会社 申請の鉄道事業の譲渡譲受について - 国土交通省、2003年1月17日。。この譲渡を受け、越前本線は勝山永平寺線と改称したものの、永平寺線は収支の好転が見込めないことから同日付で廃止された。なお、同線のルートには廃止以前から京福バスが運行されている。

同年7月19日、事故以来休止していた勝山永平寺線の福井駅 - 永平寺口駅間、三国芦原線の福井口駅 - 西長田駅(現:西長田ゆりの里駅)間で特別列車を運行。翌20日から正式に営業を再開した。同年中に三国芦原線・勝山永平寺線の残る区間も正式に営業を再開した。

なお、営業再開時には券売機が全廃され、駅での切符は購入年齢層を把握するため嶋田郁美『ローカル線ガールズ』(メディアファクトリー、2008年)より。、すべて窓口の係員または車内のアテンダントから購入するスタイルに改められた。

2016年3月27日、「フェニックス田原町ライン」として、三国芦原線の鷲塚針原駅(朝のみ福大前西福井駅)から田原町駅経由で福井鉄道福武線越前武生駅との間で相互直通運転を開始した「フェニックス田原町ライン」開業! 「キーボ」「フクラム」で相互直通運転 - マイナビニュース、2016年3月27日

年表

一日フリーきっぷ
土曜・日曜・休日(年末年始も含む)限定で、えちぜん鉄道全線が乗り放題となる。販売価格は大人(中学生以上)1,000円。えちてつサポーターズクラブの会員の場合は割引が適用される。
福井鉄道・えちぜん鉄道共通1日フリーきっぷ
土曜・日曜・休日(年末年始も含む)限定で、えちぜん鉄道全線と福井鉄道福武線全線が乗り放題となる。販売価格は大人(中学生以上)1,400円。えちてつサポーターズクラブの会員割引の対象外。
あわら温泉宿泊フリーきっぷ
芦原温泉の指定ホテル旅館宿泊者が対象で、2日間乗り放題となる。前述のフリーきっぷとは異なり平日も有効となる。

バス事業

脚注

外部リンク

Category:福井市の企業
Category:2002年設立の企業

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所