田舎

田舎(いなか)は、都市都会(みやこ)などの対義語となる概念。

本項では田舎(いなか、)や田園(でんえん)、(ひな)や(ごう、さと)と呼ばれるものについて解説する。学術や政策においては、村落農村地域農山漁村地域多自然居住地域などの表現が用いられることが多い。これらの表現は、価値の置き方により使い分けられる。

都市と田舎

「田舎」「鄙」「郷」とは、都会から離れた土地を意味する広辞苑 第六版「いなか(田舎)」、人口や住宅がまばらで辺鄙な地域を指す概念用語である。もう少し具体的に言うと、農村漁村山村離島などとなる。また、「田舎」は故郷を指す場合もある。

日本語で「田舎」という表記が見られるようになるのは『日本書紀』や『万葉集』からである。

『鄙』という字は訓読みでは「ひな」と読み、「鄙びた地域」「鄙にはまれな」というように用いられている。「ひな」の語が確認されるのは、『魏志倭人伝』における「ヒナモリ」(九州北部の諸国に置かれた国境警備長)からである。鄙とは本来、近畿から見て、西方と北方を指し
テレビゲーム、およびゲームの派生作品

参考文献

  • 錦昭江「田舎」項(ことばの中世史研究会編『「鎌倉遺文」にみる中世のことば辞典』東京堂出版、2007)

脚注

関連項目

oc:Campagne

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所