自転車

本記事では自転車(じてんしゃ、)について解説する。

概説

定義
自転車の定義のしかたはいくつかあるが、たとえば次のようなものがある。
あるいは
  • 前輪と後輪の車輪を有し、ペダル上の乗員の脚力で推進(駆動)される車両

などといった定義である。

乗り手の人力により車輪を駆動し推進力を得て、乗り手の操作で進路を決めて、地上を走行する乗り物である。
なお英語の 「bicycle」や「bike」 は「二輪」を意味し、日本においても「バイク」と呼ぶことがあるが、日本語の「自転車」は(結果として、二輪のものを指していることは多いが、日本語の「自転車」には車輪の数に関する言葉が含まれておらず、2輪に限らず含めることが可能で)三輪(時に一輪や四輪)をも含む。また「自転車」は、人力による操作がほとんど必要ない電動自転車原動機付自転車にも使われ、その意味でも定義は曖昧となっている。

効用

いずれにせよ、地上を移動する目的で人の筋力が最も効率良く発揮されその目的が達成できるのが自転車である、といった内容の解説がニッポニカにはされている。つまり自転車という道具を用いると、人間自らの脚によって体重を支えつつ歩いたり走ることに比べて、筋力を効率的に進む目的に充てることができ、速く移動でき、また、歩くことや走ることよりも少ないエネルギーや疲労で進めるので、同じ体力を使ってより遠くに行くこともできる、というわけである。

自転車は、自動車に比べて安価に購入でき、燃料が不要なことから、道路整備が遅れているうえに国民の所得水準が低い発展途上国では重要な移動手段である4区市にカンボジアから勲章 放置自転車寄贈で途上国支援産経新聞ニュース(2016年12月10日)2018年3月20日閲覧。また自動車などと比較して、移動距離当たりのエネルギーが少なく、路上の専有面積が少なく、有害な排出ガスが発生しないので、ヨーロッパ諸国など(都市化が十分に進んだ)先進国でもここ数十年、再評価されるようになってきている。自動車にばかり依存した生活が運動不足をもたらし健康をむしばむことは近年理解されるようになってきているので、健康を重視する欧州諸国や日本などでは健康増進効果への期待の面からも、また環境(地球環境・局所的な環境の両方)への負荷を小さくする面でも高く評価され、積極的に利用されるようになってきている。

自転車の道路法規での位置づけ、交通事故と交通安全

自転車でも交通事故は起き、運転者自身が怪我をしたり死亡することもあり、また自転車がぶつかることで人を傷つけたり殺してしまったりする、という深刻な事態も起きうる。自転車に乗る人には(自動車や自動二輪を運転することと同様に)安全運転を心掛けることが広く求められており、日本の道路交通法では「軽車両」に分類され免許は特には必要無いものの、自転車を運転する者は誰でも必ず道路交通法を(学び)遵守しつつ走行しなければならない。自転車で事故を起こし人をけがさせたり殺してしまった場合は、被害者側からの提訴により裁判に持ち込まれる場合もあり、(たとえ自転車運転者の側に自覚が無くても、法的には、関連法規を知ろうともせず遵守しようともせず法律に違反した者のほうが悪い、とされており)相当の賠償(自転車だから甘く算定してもらえる、ということはなく、また自転車の運転者が大人か子供かなどということは言い訳にならず、被害者に与えた障害や損害の大きさによって、賠償額は算定される。自転車で起こしたから小さい額で許されるなどというようなことは絶対にない。高額の例では数千万円の賠償の判例もある。)なども支払わなければならない事態ともなりうるのであり、日本では(自転車の運転者の、ルール遵守の意識や、法的責任の自覚が遅れた分)そうした悲惨な傷害事故・死亡事故や裁判が数多く起きてきた。2015年6月に(ようやく)道路交通法が改正され、自転車の走行に関するルールも以前よりも明確化され(と同時に、自転車利用が活発化するためにも、道路での走行ルール明確化、走行場所の法的な明確化・確保や、なおそれと連動して自転車専用レーン整備のための行政的な推進も図られる)、たとえば、道路の右側を走行することや、自転車走行中に携帯やスマホ 等々(を手にとってのぞきこんだり)操作することや、(両耳に)イヤホンを入れたままで走行すること、夜間にライトやそれに準ずるものを点灯せずに走行すること、飲酒運転 等々等々は道交法違反だと(あらためて)明確化され、それらの違反について警察官による取り締まりも強化されるようになった。自転車に乗る人々の間でも、自転車であってもまぎれもなく軽車両であり、人命にかかわるのであり、運転者は(子供であれ大人であれ高齢者であれ、男であれ女であれ)安全運転を心掛け、道路交通法を必ず遵守しなければならないのだ、との認識がようやく徐々に広まりつつある。ここ数年では、自転車にのる人に「自転車保険」(事故を起こしてしまい加害者になってしまった場合に、被害者に対する賠償金などを出すもの)に加入することを義務化したり求める条例を可決する地方自治体も、名古屋市(平成29年より義務化)などいくつか現れてきており、そうした動きが徐々に広まりつつある。

自転車の歴史

自転車の歴史、特に黎明期の記録については現在もヨーロッパ各国を中心に資料の発掘と検証が続けられており、長らく定説とされてきたものを覆す研究も提示されているこうした活動が行われている場のひとつに、(外部リンク:International Cycling History Conference (ICHC)) がある。また二輪の自転車よりも三輪以上の自転車がより早く製作されていたと考えられている一例として、二輪自転車の原型であるドライジーネの発明者として知られるカール・フォン・ドライスが、それに先立って1813年に特許出願を試みた人力四輪車が挙げられる。ただしこの特許は認可されなかったという。。日本においては陸船車も参照のこと。

安全型自転車の出現まで

自転車の起源に当たる乗り物、またその着想についてはこれまでも様々な説が浮上しては否定されてきた。現在ではドライジーネ (Draisine) が、実際に製作されたことが確認できる二輪自転車の祖先とされる。これは、1813年

速度記録

機材の形態にとらわれない記録挑戦では2015年9月19日、米国ネヴァダ州バトルマウンテンBattle Mountain標高1475 m、直線走路郊外の一時的に閉鎖した公道でカナダ人トッド・ライカート(Todd Reichert)がタイヤ接地面のみわずかに開口したストリームラインボディのリカンベントEtaで達成した139.45 km/hがヒト一人のみの出力による最高速度記録であった。Etaは極めて低い位置に仰向いて座り前輪を両脚で挟むように前端のクランクを回すため、後輪駆動は構造上ほぼ不可能で前輪駆動を採用している。また前を見通す視界はなくカメラ映像に依存する。2016年9月19日、同地、同プロジェクトによって記録は144.17 km/hに更新された。Aerovelo - Eta — Aerovelo

標高差による位置エネルギーを利用した斜面降坂では2015年3月28日、フランス・ヴァールVars)のスピードスキー用滑降路シャブリエール(piste de Chabrières)スタート標高2720 m、フィニッシュ標高2285 m、平均斜度52.5%、最大斜度98%、延長1400 m雪上直線走路でフランス人エリック・バローヌÉric Barone)が223.30 km/hを記録している。これには肩と胸元まで覆うエアロシェルを備えた2重構造ヘルメットと、上腕および脛の後方をボートテール形状にしたコーティングスーツ、スンSunn)の専用特殊自転車F2.0が用いられた。2017年3月18日、エリック・バローヌは同地で再度挑戦し、227.72 km/hに更新した。Site officiel du vététiste de l'extrême Eric Barone - Les vendéens au de l’action Handibat

風圧の多くを他に負担させて走行した最高速度記録は1995年10月3日、米国ユタ州のボンネビル・スピードウェイ標高1282 m、塩平原走路でオランダ人フレート・ロンペルベルフFred Rompelberg)が二段増速の極めてギア比が高い特殊な自転車によって記録した268.831 km/hである。これは前走するドラッグスターの後端に取り付けた後続自転車用カウル(整流覆い)に肉薄追走して達成された。Fred Rompelberg Fietsvakanties Mallorca, Fietshuur - Informatie over Fred Rompelberg 268 km

注釈

注・出典

参考文献

関連項目

外部リンク

Category:環境保護運動

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所