中学校

日本全国から入学できる。国語、社会、数学、理科、英語の5教科を教育し、毎月1回、日曜日に面接指導(スクーリング)があり、3時間程度の授業を受ける。美術、音楽、体育、技術・家庭という実技教科を開講していないため、全課程を修了しても卒業証書は授与されない模様である。募集定員は、約30人とされている。

進路

上級学校への進学者が大多数である。1980年代以降は常に進学者が90%を超えているが、2016年現在においても非進学者は数%存在する。

以下のように国立・私立中学校では就職者が極めて少ない。

!
卒業者
高校などへの進学者
就職者
合計
116万0267人
114万9673人
2952人
国立
1万0280人
1万0245人
1人
公立
106万9995人
105万9747人
2944人
私立
7万9992人
7万9681人
7人

2016年度卒業時の学校基本調査。高校以外への進学者などの詳細は省いた。学校基本調査平成28年度初等中等教育機関・専修学校・各種学校《報告書掲載集計》

卒業後の状況調査中学校

状況別卒業者数
学校基本調査 平成29年度(速報) 初等中等教育機関、専修学校・各種学校 卒業後の状況調査 -平成29年3月卒業- 中学校,義務教育学校,高等学校 総括

各国の事情

  • アメリカ合衆国では、小学校5年・中学校3年・高校4年とするのが普通であり、この場合中学校は と呼ばれる。
  • イタリアでは、 Scuola secondaria di primo grado という3年課程の前期中等教育機関が存在し、11歳で入学し義務教育である。修了時にはNQFレベル1(Lower secondary school-leaving diploma)に認定される
  • フランスでは、コレージュという4年課程の第一サイクル中等教育機関が存在し、11歳で入学し義務教育である
  • ポーランドにおいてはギムナジウム(Gimnazjum)が存在し、3年課程の前期中等教育機関であり、13歳で入学し義務教育である
  • ノルウェーでは、という3年課程の前期中等教育機関が存在し、13歳で入学し義務教育である
  • トルコでは、という4年課程の前期中等教育機関があり、9歳半で入学し義務教育である(4+4+4制)
  • ポルトガルでは基礎教育第3サイクルに相当し、3年課程であり義務教育である。修了時にはNQFレベル2に認定される
  • 台湾では国民中学が存在し、12-14歳を対象とした課程である。

脚注

関連項目

外部リンク

Category:中等教育

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所