小水力

マイクロ水力発電(マイクロすいりょくはつでん、)とは、小規模な水力発電である。
小水力発電(しょうすいりょくはつでん)、小規模水力発電ともいう。

概要

マイクロ水力発電とは、特に小規模な(あるいは特に出力の小さな)水力発電のことである。例えば、用水路、小河川、道路脇の側溝の水流、水道 等々、様々な水流を利用して発電を行うことである。注: トイレの洗浄水ですら利用できる。

自然環境への負荷が少なく(=クリーン)、少ない出費で行うことができる(=ローコスト)。

脚注

脚注

出典

参考文献

  • 竹尾敬三、「小型水力発電製作 ガイドブック」、パワー社、1997年7月15日初版、ISBN 4827712913
  • 千矢博道、「これからやりたい人の小型水力発電入門」、パワー社、1992年9月10日初版、ISBN 482772234X

関連項目

  • 村野浄水場 - 立体式の階層系浄水施設を持ち、それを利用した水力発電を行っている。
  • 三居沢発電所 - 1888年に設置された水力発電所。常時290kW


詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所