米作

稲作(いなさく)とは、イネ(稲)を栽培することである。主に

脚注

参考文献

  • 池橋宏、「イネはどこから来たか-水田稲作の起源-」 『熱帯農業』2003年 47巻 5号 p.322-338,
  • 池橋宏、『稲作の起源 イネ学から考古学への挑戦』(講談社選書メチエ)、講談社、2005年、ISBN 4-06-258350-X
  • 上垣外憲一『倭人と韓人』(講談社学術文庫)、講談社、2003年、ISBN 4-06-159623-3
  • 王才林・宇田津徹朗・湯陵華・鄒江石・鄭雲飛・佐々木章・柳沢一男・藤原宏志、「プラント・オパールの形状からみた中国・草鞋全山遺跡(6000年前〜現代)に栽培されたイネの品種群およびその歴史的変遷」育種学雑誌 1998年 48巻 4号 p.387-394,
  • 岡田英弘『倭国』(中公新書)、中央公論新社、1977年、ISBN 4-12-100482-5
  • 倉本器征:水稲直播栽培による稲作の規模拡大とその成立条件 農業経営研究 Vol.11 (1973) No.1 p.76-80
  • 斎藤成也『DNAから見た日本人』(ちくま新書)、筑摩書房、2005年、ISBN 4-480-06225-4
  • 佐藤洋一郎『DNA考古学のすすめ』(丸善ライブラリー)、丸善出版、2002年、ISBN 4-621-05355-8
  • 佐藤洋一郎監修『ユーラシア農耕史』臨川書店、全五巻、2008年 -。
  • 祖父江 孝男『文化人類学入門』増補改訂版」 中央公新社 ISBN 4-12-190560-1
  • 武光誠『「古代日本」誕生の謎 大和朝廷から統一国家へ』、PHP研究所、2006年、ISBN 4-569-66579-9
  • 寺田隆信『物語 中国の歴史』(中公新書)、中央公論新社、1997年、ISBN 4-12-101353-0
  • 外山秀一「プラント・オパールからみた稲作農耕の開始と土地条件の変化」、『第四紀研究』Vol.33 (1994) No.5 P317-329
  • 鳥越憲三郎『古代中国と倭族』(中公新書)、中央公論新社、2000年、ISBN 4-12-101517-7
  • 鳥越憲三郎『古代朝鮮と倭族』(中公新書)、中央公論新社、1992年、ISBN 4-12-101085-X
  • 長浜浩明「日本人ルーツの謎を解く」、展転社、ISBN 978-4-88656-343-9
  • 那須浩郎「雑草からみた縄文時代晩期から弥生時代移行期におけるイネと雑穀の栽培形態」、『国立歴史民俗博物館研究報告』第187集、2014年7月。
  • 花森功仁子・石川智士・齋藤寛・田中克典・佐藤洋一郎・岡田喜裕「DNAの欠失領域を用いた栽培イネOryza sativa L.の熱帯ジャポニカ型と温帯ジャポニカ型の識別マーカの作出と登呂Ⅰ期遺跡から出土した炭化種子への応用」、『海ー自然と文化』(東海大学紀要海洋学部)、2011 Vol.9 No.3、2012年3月。
  • 濱田 秀男:稻作の起源に關する考察 『日本作物學會紀事』 Vol.18 (1949) No.2-4 P106-107
  • 藤原宏志『稲作の起源を探る』(岩波新書)、岩波書店、1998年、ISBN 4-00-430554-3
  • 朴天秀『加耶と倭 韓半島と日本列島の考古学』(講談社選書メチエ)、講談社、2007年、ISBN 978-4-06-258398-5
  • 山内清男「石器時代にも稲あり」、『人類学雑誌』第40巻5号、1925年。
  • C・スコット・リトルトンおよびリンダ・A・マルカー 著、辺見葉子および吉田瑞穂 訳『アーサー王伝説の起源 スキタイからキャメロットへ』、青土社、1998年、ISBN 4-7917-5666-5
  • 『「米」で総合学習みんなで調べて育てて食べよう』シリーズ(全4巻) 金の星社 2002年

関連項目

外部リンク

Category:長江文明

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所