自動販売機

自動販売機(じどうはんばいき、)とは、不特定多数の人間が通貨貨幣)もしくはそれに代替するカードなどを投入して対価を払うことで自動で商品(物品)の購入やサービスの提供を受けることができるようにした機器意匠分類定義カード(J5) 特許庁自販機(じはんき)とも略される。乗車券食券などの券を販売する機械については「(自動)券売機」とも言う。

概説

自動販売機とは、お金を支払うと(例えば、現金(硬貨や紙幣)や電子マネーのカードをタッチするなどして)押しボタン操作等をする事により、自動的に(=人手を介さずに)商品(物品や情報やサービス)を購入することができる機械である。代金を投入し、機械を操作すれば、商品を受け取り、(釣りを用意する機構が伴う機械では)釣り銭を受け取ることができる。

ただし、公衆電話機や娯楽機(ジュークボックスアーケードゲーム機など)は(サービスを無人で自動で提供しているものの)自動販売機の範疇には含めないのが一般的である小学館『日本大百科全書』「自動販売機」。佐渡勝利 執筆。

商品の販売者の側から見れば、自動で販売を行ってくれる機械である。人手不足や人件費高騰の対応策として効果があり、休日夜間も営業できる利点がある。自販機はロボットの一種であるとも言える。自動販売機は、商品の買い手の側から見れば、有人の店が閉まっている休日や夜間でも商品を提供してくれるわけである。

世界最古の自動販売機は、アレクサンドリアのヘロンの著書に記述されている古代エジプトの聖水販売機だった、とされる。近代の、硬貨で煙草が買える自動販売機としては1615年のイギリスのものが現存している。日本では、1890年に、小野秀三、俵谷高七それぞれが自動販売機の特許を得た。

自動販売機は大別すると物品自動販売機と自動サービス機に分けられる。

現代の自動販売機は、一般的には、「金銭装置」「指示装置」「貯蔵・加工装置」「販売装置」から構成されている。

自動販売機の多くは電気式、もしくは硬貨の重量や購入者による操作による機構で作動する 株式会社ダイト

近年では、電子マネーや、購入時にポイントを加算する機能を持つものもある。また最近では、災害時に飲料を無償で提供する機能や、自動体外式除細動器(AED)の収納、無線LANのアクセスポイント機能など、特殊な機能を追加したものもある。

自動販売機は、消費電力の大きさ、光害問題、未成年喫煙飲酒への影響、窃盗問題 等々、様々な問題に直面し、だが問題に対処すべく対策が打たれ、進化した機種の新登場を繰り返してきた。現在もキャッシュレス決済に対応した機種の開発や導入が徐々に行われている。 }}。

関連項目

笑点』内の持ちネタで、「自動販売機下の小銭拾い」というものがある。
1000円自販機に挑戦する回が不定期に放送されている。
1000円自販機にひたすら挑戦するだけのコーナーが存在する。

外部リンク

  • }}
  • }}

Category:出版物の流通

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所