太陽熱

太陽熱エネルギー(たいようねつ-、Solar Thermal Energy)とは、太陽光エネルギーに変換された状態、もしくは熱の形を経由する太陽エネルギーの利用形態の総称である。再生可能エネルギーの一種であり、蓄熱が比較的容易で、利用形態が多様なのが特徴である。

発電への利用

集熱器を用いて太陽光を熱に変換し、熱せられた空気や蒸気を用いてタービンを回して発電する。直射日光の多い広い土地を必要とするが、蓄熱できるため連続運転が可能な特徴を有する。

熱としての利用

thumb|[[太陽熱温水器|太陽熱の集熱パネル]]
熱としての利用には、下記のように多彩な利用形態がある日本太陽エネルギー学会編、太陽エネルギー利用技術、オーム社、2006年、ISBN4-274-20278-X

太陽熱利用は、最も古くから用いられてきた太陽エネルギーの利用形態である。一般にエネルギーをに変換するのは容易であるため、太陽熱太陽光のエネルギーを高効率に利用できる長所を持つ。また、蓄熱することでエネルギーを貯蔵しておき、必要な分だけを取り出して利用しやすいのも長所である。利用形態は下記のように多彩である金山公夫・馬場弘、ソーラーエネルギー利用技術、森北出版、2004年、ISBN4-627-94661-9

  • アクティブ利用
*太陽熱温水器(ソーラーシステム)…加熱した水を暖房や給湯に利用する。
*ソーラーヒートポンプ…低沸点の冷媒を蒸発させて動力として利用し、ヒートポンプを駆動して冷暖房などに用いる。
*ソーラーハウス…上記のソーラーシステムなどを用いた住宅を指す。パッシブな場合もある。
*ソーラーウォール…建物の外壁に集熱器を取り付け、暖房や換気などに利用するソーラーウォールって何?(ロゴスシステムズ)。構造が単純なのが特徴。
  • パッシブ利用
*ビニールハウス温室…自然に入射する太陽光で室内を暖める。
*ソーラーポンド…大きな塩水の人工池を造って周囲を断熱し、太陽熱を蓄熱する方式。低温レベルの熱を大量に蓄積できるのが特徴。
*太陽炉ソーラークッカー…太陽光を鏡などで集光し、集光点に加熱対象を置いて利用する。

脚注

tr:Güneş enerjisi santrali

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所