メンテナンス

メンテナンスとは、(動詞名詞形)をカタカナ転写したもので、メインテナンス、メンテナスとも書かれる。また、メンテと略されることもある。

原語には「生計・扶養」「主張」などの意味もあるが、日本語としては専ら「建築土木構造物や自動車など機械類の整備・維持・保守・点検・手入れ」等の意味で使われる。ソフトウェア業界などでは、この整備・維持・保守・点検・手入れなどにより正常な状態を保つ人やグループは、メンテナもしくはメンテナー(maintainer)と呼ばれる。

メンテナンスの技術的な意味は、機能チェック、サービス、必要な機器、機器、機械、建物などのインフラストラクチャーの修理または交換で産業、ビジネスから公共事業および住宅設備などにおける補助ユーティリティが含まれる。 時間が経つにつれて、これには、 システムライフサイクル の利用段階で機器の運用準備を維持するため費用対効果の高い方法として、定期メンテナンスと予防メンテナンスの両方が含まれるようになる。

海上輸送 海洋構造物工業プラント及び設備管理産業メンテナンス、修理およびオーバーホール (MRO)に依存するスケジュール又は予防を含む塗料維持し、回復するメンテナンスプログラムコーティングからの攻撃を受ける環境で侵食、腐食および環境汚染 対策に鋼に適用している。

定義

時間の経過とともに、メンテナンスとMROの用語は標準化され始めている。アメリカ合衆国国防総省は以下の定義を使用している。 連邦規格1037CおよびMIL-STD-188および国防総省の軍用辞書および関連用語

  • テスト、測定、交換、調整、修理などの活動は、 機能ユニットを必要な機能を実行できる特定の状態に、またはその状態に保持することを目的としている。 連邦規格1037CおよびMIL-STD-188および国防総省の軍用辞書および関連用語
  • 材料を使用可能な状態に保つため、または使用可能に戻すために行われたすべての措置。 これには、検査、テスト、保守、保守容易性に関する分類、修理、 再構築および再生が含まれている。
  • 任務を遂行するための力を維持するために必要なすべての補給および修理行動。
  • 定期的な繰り返し作業では、施設( 工場 、建物、構造物、 地上施設、公益事業システムまたはその他不動産)を、本来の目的または設計目的の能力および設計効率で継続的に使用できる状態に保つ必要がある。

保守とは、保守性の概念を含める必要がある製品または技術システムの利用段階と厳密に関連しており、シナリオでは保守性とは、規定された使用条件の下で、所定の手順とリソースで、必要な機能を実行できる状態に保持または復元できる項目の能力と見なされる。

予防

予防保全とは、故障、安全性の侵害、不必要な製造コストと損失の回避、および製造時の原材料の節約を目的とした保全のことで、予防保全スケジュールの有効性はそれに基づいていたRCM分析および費用対効果に使用される基本規則によって異なる。

メンテナンスの意義

人々が生活の上で使用しているものは、どんなものでも時間とともに劣化・老朽化し、やがて使用に耐えなくなる。しかし、メンテナンスによって、欠陥を早期に発見したり寿命を伸ばしたりすることが可能である。大量消費の時代である現代は、大量生産から再利用再使用にむけた動きが活発であるが、現存する製品や構造物などの効率化や延命につながるメンテナンスという技術は、欠かすことはできない。

整備事業

整備を行う事業のことを整備事業といい、以下の用法で使用される。

乗り物の整備事業

中日本航空全日空、ANAワークス、全日空整備静岡エアコミュータ日本飛行機JALエンジニアリング(JAL航空機整備成田)といった事業者業種は、航空機整備事業(小型航空機等の受託整備事業、航空機機体構造整備事業、整備時に使用する器具の整備事業他)である。

その他鉄道車両の整備事業は、鉄道車両日本の鉄道車両検査を、鉄道線路の保守は保線を参照。

自動車整備事業・指定自動車整備事業は、自動車整備業を参照。

行政制度の整備事業

官公庁において、建物の新築のほか修繕、リニューアルなどを合わせて「営繕」と称し、国の場合は国土交通省の各地方整備局に「営繕部」があり、地方自治体の場合は同様に「営繕部」や「営繕課」がある。

社会資本の整備事業

道路の維持管理としては、平成25年の道路法改正以来、5年に1度の定期点検にて、全ての道路構造物の点検と老朽化対策の検討が義務付けられている。

関連項目

脚注

外部リンク

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所