家畜

家畜(かちく、, livestock, )とは、ヒト(人間)がその生活に役立つよう、野生であったものを馴化させ、飼養し、繁殖させ、品種改良している、その動物をいう。哺乳類鳥類爬虫類両生類魚類のほか、無脊椎動物もその範疇にあるでは、爬虫類と両生類を挙げず、無脊椎動物ではなくこれに属する「昆虫類カイコミツバチなど)」を挙げているが、これを挙げておいて先述のグループを挙げないのは理に合わないため、記述を調整した。爬虫類・両生類・無脊椎動物の家畜としてどのようなものを代表として挙げることができるかは、「代表的な家畜」節を参照のこと。}}。

利用目的により、農用動物(:farm animal)・愛玩動物(:pet animal)・実験動物(:laboratory animal)の3種に大別できる。また、狭義の一つでは、農業生産に直接的に関わる農用動物のみを指す(※農用動物は、畜産物を生産する『用畜』と、労働力として利用する『役畜』に大別される)。さらに別の狭義では、哺乳類の家畜だけを「家畜」という。また、鳥類は家禽(かきん)と呼び分けるのが日本語での通例である。

野生であったものが家畜に変わること、および(ヒトが)家畜に変えることは「家畜化」といい、どちらも「家畜化する」という形で活用する。強制力を強調する場合は「家畜化される」と表現する。

定義

家畜(かちく)とは、その生産物(毛皮労働力など)をが利用するために馴致・飼育している動物を指す。原著: }}ISBN 0393353036, ISBN 9780393353037.

関連項目

Category:動物学

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所