ファシリテーター

ファシリテーターとは、促進者を意味する言葉である。

1940年代後半に米国で用いられ始めた用語。1954年に“Psychotherapy and personality change”においてカール・ロジャーズがグループ・カウンセリングと個の変容を解説しているのが初出である。この概念はその後、1970年代には英国において異文化コミュニケーションを学ぶ教育プログラムへ昇華される。このプログラムの進行する役割にファシリテーターが用いられた。10年以上にわたって続いたこの教育プログラムは行動科学や集団心理の分野へ応用されていく。

日本では、1950年代に使われ始めるものの、当時はカウンセリング分野での使用に留まる。1980年に入り、国際問題、男女共同参画、環境問題等の分野でファシリテーターの役割が再注目され、1990年には産業界でも使われることとなる。

以前はオルガナイザーに含まれていた役割が、つまり進行の過程の専門家として、分離独立して認められるようになってきたという説もある。この説では、したがってファシリテーターはミーティングで扱われる内容そのものの専門家である必要はないとされる。

アメリカでは、裏社会のまとめや交渉の事を、ファシリテートする、それを行う人をファシリテーターと呼ぶ事もある。
現代の日本においては、ファシリテーターは学習や議論の進行など何かしらを“促進する”機能を担おうとする者を広く意味するように使われている。

参考文献

  • 星野 欣生『人間関係づくりトレーニング』金子書房、2002年。ISBN 978-4760830251。
  • 堀 公俊『ファシリテーション入門』日経文庫、2004年。ISBN 978-4532110260。

外部リンク

関連項目

category:会合
Category:教育
Category:都市計画に関する職業

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所