環境負荷

環境負荷(かんきょうふか)とは、環境に与えるマイナスの影響を指す。

環境負荷には、人的に発生するもの(廃棄物公害土地開発干拓戦争人口増加など)があり、自然的に発生するもの(気象地震火山など)も環境負荷を与える一因である。

特に人的に発生する環境の保全上の支障の原因となるおそれのあるものを、環境基本法では環境への負荷と呼ぶ法令データ提供システム - 環境基本法 - 第二条

環境への負荷を数値化したものとしては、人間が消費する資源量を再生産に必要な面積で現したエコロジカル・フットプリント、工業製品の生産から廃棄まで放出される二酸化炭素量で示すカーボンフットプリント、食糧や木材の移送による負荷を示したフードマイレージウッドマイルズなどがある。

脚注

関連項目

Category:環境アセスメント

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所