地権者

地主(じぬし、)とは、(農地などの)土地貸し付けて、それで得た地代(つまり「土地の貸し付け料」)を主たる収入として生活する人のこと『日本大百科事典』「地主」。地主というのは、古代から現代に至るまで存在するが、その存在のありかたは各時代において異なる封建社会では、支配階級を構成する領主が地主(封建的土地所有者)として最高の領有権を持ち、農奴から地代を収取した(領主権という強力な権力にものを言わせて、取り立てた)。封建制から資本主義へ移行したのにともない、「地主的土地所有」は「近代的土地所有」へと転化し、地主の存在も社会のなかで変化してきた、という歴史がある

このように地主の性質は時代(歴史)とともに変化してきているので、以下、古い時代から順を追って解説してゆく。地域ごとに歴史が異なるので、地域別に解説する。

ヨーロッパの地主

古代
中世

ルネッサンス期のヨーロッパの地主
近代ヨーロッパの地主
現代ヨーロッパの地主

ロシアの地主

帝政ロシア(ロシア革命以前)

帝政ロシア期のロシアの地主たち
(=ロシア革命以前の地主たち)は、ツァーリ(皇帝)による絶対的支配のもと、ブルジョワジーとともに、権勢を振るっていた。最大の地主は、ツァーリ(皇帝)であった。地主たちは土地を独占的に所有しており、農地の全面積のうち4分の3は、有力な大地主が占有していた。

当時のデータとして、ウラジーミル・レーニンによると、700人の大地主が平均して3万デシャチン(≒3万×1.09ヘクタールДесятина(デシャチーナ)は、1918年まで使用されていたロシアの単位。1デシャチーナは1.0925ヘクタール。(デシャチン)は複数形。)の農地をそれぞれ所有し、その面積は、60万人の小地主の3倍である。

なお19世紀、ロシア帝国(の比較的 末期)を生きた文豪トルストイも大地主であったが、トルストイの場合は(小説家、大思想家らしく、普通の地主とは異なり、地主のありかたに疑問を感じ)小作人とともに働き、貧困層に援助をしていた。

ソヴィエト連邦時代(ロシア革命後)

ロシア革命ソヴィエト誕生によりツァーリの絶対的支配体制は終焉した。

ソヴィエト終焉後、現代ロシア

ソヴィエト終焉以後の現代ロシアでは、資本主義経済が組み込まれている。

アメリカの地主

いつ?

脚注

関連項目

外部リンク

Category:土地制度史

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所