持続可能な開発のための教育

持続可能な開発のための教育(じぞくかのうなかいはつのためのきょういく)、すなわちESDとは、

持続可能な開発を実現するために発想し、行動できる人材を育成する教育。「持続発展教育」、「持続可能な発展のための教育」と呼ばれることもある。

概要

持続可能な開発のための教育(ESD)は、持続可能な社会づくりの担い手を育む教育である文部科学省 > その他 > 国際関係 > 日本ユネスコ国内委員会 > ユネスコの活動(教育) > 持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development) > ESD(Education for Sustainable Development)環境貧困人権平和開発といった"持続可能ではない将来を招く"課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことにより、それらの課題の"持続可能な"解決につながる新たな価値観行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動を指す。

これらの問題に対して、各国の政府や国際連合が主体となって取り組んでいるほか、日本では市民社会を中心に民間主体における取り組みも多数行われている。
NGO非営利団体教育機関企業など様々なステークホルダーが連携し、地域密着型の教育を行うことで、市民全体が主体的に問題意識向上・改善策の発想を行い、その実践を地域主体で行うことに繋げることが理想とされる。

また、持続可能な開発のための教育は、教育の場や学習者の年齢を限定せず、場所・時間に縛られずに誰もが参加することのできる生涯学習でもある。その成功例の多くは各々の地域に深く根付いている。

経緯

日本における取組

世界各地の取組

世界的に情報交換・相互交流を行う基盤を形成することの第一歩として、アジア・太平洋地域でネットワークが形成された。2005年9月には「アジアESDネットワーク戦略会議」が開催された。

先進国途上国ではESD活動分野の中心が多少異なる。先進国では、環境教育ジェンダー人権教育国際理解教育等が主な課題とされているのに対し、途上国は、貧困撲滅教育を中核とした開発教育、エイズ教育、紛争防止教育等を中心に取り組みが進められている。これは、比較的平和で戦争が少ない先進国と、衛生や貧困が大きな問題となっている途上国の現状の違いが原因である。

関連項目

脚注

外部リンク

Category:教育の分野

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所