湧水

湧水(ゆうすい)は、地下水が地表に自然に出てきたもののことである。湧き水(わきみず)や(いずみ)、湧泉(ゆうせん)ともいう詳しくは、わき出る場所が「湧泉」、わき出た水が「湧水」、わき出る作用が「湧出」であるが、湧水と湧泉は混同して使われることが多い。大規模な湧水はそのままの源流となることもある。

湧出機構

山間部に降った雨や雪が、地表を流出せず、山滝部から湧き出すもので、

沖縄県のように河川の水資源に乏しい島々では、地域住民が湧水を特に大切に利用、管理してきた。また、開発途上国にあっても、上水道が未整備な地域や安全な水へのアクセスが制限されている地域が広範に残っているために、湧水は井戸とならんで住民にとって大切な生活用水となっている。

湧水の農業用水としての利用も広い範囲で行われている。近年では低位にある河川などの真水をポンプを用いて汲み上げて配水し農業使用する場合が多い。しかし、高位に湧き出る真水は、量さえ確保できれば高低差を利用して容易に配水することができる。そのため、湧水は古くから動力を用いないで済む農業用水として利用されてきた。ただし、高所に降った雨や雪を起源とする湧水は、そのままでは農業用水としては水温が低すぎる場合があり、この場合はわき出た水をいったん池にためて水温を上げるという工夫が必要になることがある。

このように湧水は伝統的に地域コミュニティの住民によって共有資源として利用管理されていた。しかし、上水道や農業用水路の整備、大規模な工業用水など地下水の汲み上げ利用にともなって、湧水の利用、管理は地域住民の手から離れつつあり、そのために住民の参加しなくなった湧水、水源の荒廃が危惧されている。こうした中で地域住民を湧水の利用者、管理者として評価しようという草の根民活論が注目されている。1985年に、当時の環境庁が選定した名水百選、および2008年選定の平成の名水百選は、そのような現状をふまえ、地域の暮らしにとけ込んだ水資源のうち「地域住民等による主体的かつ持続的な水環境の保全活動が行われているもの」「平成の名水百選」について(環境省)を顕彰する目的で選定が行われ、選定対象の大半は湧水であった。

なお、湧水を利用した給水システムを江戸時代に完成し、現在に至るまでその維持活動が活発に行われている地域(名水百選の中では、宗祇水を代表とする岐阜県郡上市(旧八幡町)の水利システム、轟水源を利用した轟水道をもつ熊本県宇土市秋田県美郷町(旧六郷町)の六郷湧水群など)もある。

各所の湧水で水の持ち帰りを行えるが、あまり大量の水を持ち帰るのは勧められない。
湧水の大半は何の処理もされていない天然の物なので時間が経過すると共に雑菌類が繁殖し飲用に適さなくなるためである。
よって汲んだ場合はできるだけ早く使うのが望ましい。

湧水のさまざまな呼び方

湧水は地域とその歴史などから、日本では古来からさまざまな呼び方がされている。これらには「清水(しょうず、しみず)」、「お清水(おしょうず)」、「生水(しょうず)」環境省選定 名水百選 お清水(おしょうず)福井県大野市) - 環境省石川県の代表的な湧水 - 環境省サイト、「出水(いでみず、でみず)」、「涌水(ゆうすい、わきみず)」千葉の湧水 - 宮崎県えびの市、「泉水(せんすい)」、「どっこん水(すい)」きのと観光物産館(どっこん水の里)、新潟県公式観光情報サイトなどがある。

脚注

関連項目

外部リンク

Category:水文学

wikipediaより

このキーワードに関連するベストプラクティス

詳細検索:条件をk選択して検索できます。

google地図から検索:Google Mapから検索できます。 google画像から検索:事例ごとの画像で検索できます。
環境首都コンテスト全国ネットワーク
辞令を動画でみる:公益財団法人ハイライフ研究所